堺西自立支援センター

お問い合わせご相談

ホーム > 活動報告

活動報告

【社会の弱者を救う連絡協議会からの報告】 宮川医療少年院を参観しました

 

平成29年11月9日、大阪府各福祉関係者の方13名          

三重県伊勢市にある宮川医療少年院を参観しました。

こうした施設は、全国に4か所あり、宮川医療少年院のほか、神奈川、関東、京都医療少年院があります。

宮川医療少年院は、JR宮川駅から徒歩圏内のところにあります。

最初に教官の方から施設の概要説明を受けた後、院内を見学しました。活動を直接見ることはできませんでしたが、彼らの作品や教室などを見学しました。

21号台風の被害もありました、とお話をしました。

最後、皆様の質問に答えていただきました。

この少年院には現在、おおむね12歳以上20歳未満が約47名ほど収容されています。職員(教官、医師)おり、きめ細かい指導をするには、適当な収容人数だという実態をお話しくださいました。

知的障害や情緒障害、発達障害にある人、あるいはその疑いのある人で、処遇上の配慮が必要な人がここに収容されています。

また、陶芸・農園芸・などの職業指導、義務教育課程を主とする教科指導や社会復帰のための支援のほかに、治療的な指導として認知理論による認知機能向上訓練、トレーニングやを行っているとのこと。

毎日規則正しい生活の中で学んでいます、理解と共感をペースにした、少年一人一人の特性に応じた教育。

少年たちの指導にあたっている特別支援「学校」的な施設であるという印象を受けました。

前科

少年院は、警察や裁判所に前歴として残るだけで、前科は公には出ません。
法務省が管轄する施設で、担当するスタッフは法務教官となります。(最高責任者は法務大臣)
刑務所も法務省が管轄していますが、刑務所の場合はスタッフが刑務官となります。

刑務所と少年院とは似ているようで、決定的な違いがあります。

刑務所は自らが犯した過ちを償う、罪を償う施設となりますが、少年院は
”少年(または少女)を更生させるための施設”
となります。

決して刑罰ではなく、非行を犯すようになった少年を社会に適合させるため・健全な社会復帰をさせるための矯正教育を受けさせる施設なのです。

テレビなどで見るような少年院のイメージと実際の施設像・施設生活は、大きく異なります。
また、各院により異なる部分も沢山あります。

ありがとうございました。

宮川医療少年院の皆様

全国自立支援センタ連絡協議会総会IZUMO開催

平成29年6月24日「全国自立支援センタ連絡協議会」総会IZUMOで開催しました

           

                

IZUMO自立支援センター見学

共同生活事業所つばめ見学

就労支援事業所すばる見学

                      出雲大社を社会勉強

          

毎日の成長!日々の感謝!施設外就労

      

「(株)ワークコーポレーション」の社長様と「はまでらジョブ」の皆さん

利用者様と支援員は毎週、施設外就労に行きます!

いつも大変お世話になっておりますのは、(株)ワークコーポレーション様です

主に作業の内容は清掃作業です、大きなお庭を綺麗にしましょう

いつも、みんなで「行ってき~ます」と一緒にワイワイ車を乗って施設外就労にに行きます!

最初の挨拶から最後の感謝の気持ちを伝えるまで

みんな、一人一人でチャレンジをします、社会ルールを学ぶ

最初のはずかいや不安定を乗り越えて、

今は皆さんは元気いっぱいであいさつ、元気いっぱいで仕事をしております

施設外就労から皆さんは

社会ルール!学ぶ、団結力!強くなり、明るく前向きに、なる!

毎日の成長!日々の感謝!本当にありがとうございます

障がい者に作業の場をご協力頂いて、重ねて、感謝申し上げます

これからもよろしくお願い致します。

「弱者を救う」勉強会東京に参加

 勉強会は東京「日本財団」の会議室で開催致しました

全国から約23法人を参加しました、会長の挨拶から

みなさんがいろいろ情報交換や、勉強や、大成功でした。

 

   東京保護観察所に 「社会の弱者を救う」に対して

 東京保護観察所 所長 幸島 総様 と 金田 理事長 対談