テーマ「インフォーマルな関わりの大きさ」金田理事長・事例から学ぶ

2017/12/13 14:07

2017年12月7日、大阪府地域生活定着支援センターと砂川厚生福祉センター共催

第5回触法障がい者等「支援機関・団体交流会」

触法障がい者等の入所や利用協力をされている事業所・法人相互の共通課題の共有及び意見交流会を開催いたしました

NPO法人堺西自立支援センター「はまでらジョブ」の理事長金田事例提供しました

出所(前科13犯)からすぐ就労継続支援B型事業所「はまでらジョブ」に通所、A君 

今までは彼に対して一番長い社会生活が1年4ヶ月になって、理事長は彼当時の一人暮らしから、日常生活(薬、食事、金銭管理なと)、人間関係や、気持ちの共感、社会生活復帰支援のサポート、みんなと意見交流をしました。

     

           

関連記事

コメントは受け付けておりません。